Maps

このページでは主に趣味に基づいて世の中のものを俯瞰しながら様々なものをマッピングしていく予定です。

随時文献やソースにあたって更新して参りますが、あくまで筆者の主観に基づいて分布されていますので参考程度にご覧下さい。

 

 

 

わたしたちは知らずに演劇をしているかもしれない。

-芸術史の中の演劇-

黒:演劇

 

青:美術赤:音楽黄緑:哲学紫:映画(映像)

詩・文学:緑 橙:舞踊 黄:演芸

灰:関わりの深い歴史上の出来事

 

-記憶と記録 -

記憶も一種のアーカイブである。

-主な劇場の客席数-

劇場の大きさや形状によって舞台芸術はジャンルを変える。では客席数の順番に並べるとどうなるのか、主に日本の劇場の数を調べ並べた。

半透明は閉鎖(2017年現在)

-日本語ラップの歴史-

近年ラップの文化が演劇、詩、美術、インターネット、アイドル、お笑い、アニメなど様々なカルチャーに伝播している。

アンダーグラウンド的文化とJ-POP的文脈、周縁文化から文脈を探ってみる。

-色温度-

色温度=K(ケルビン) 

-GAMEs CHART-

TVゲームには意図的(ジャンルとして)・非意図的(バグ・純粋表現)にゲームの概念を更新される作品が存在する。

このマップでは個人的にそういった要素を感じるTVゲームをマッピングしている。

-THEMA PARKs-

横軸:開業年

縦軸:テーマ性の強さ

半透明:閉鎖・解体済

プログラミング言語の歴史

SoundHorizonの軌跡と原典

-VOCALOIDで見る00年代の文化-

曲目は動画投稿サイト「ニコニコ動画」において10,000再生以上の代表的なものを記載。

黎明期(ryo「メルト」付近)変革期(2011 多くの作品が投稿される 東日本大震災)衰退期(2015年 「THE END」東京公演付近)、復活(ハチ「砂の惑星」付近)は公式の名称ではないが、

時代の変化を反映しているように思える。終末性を主題にした曲が多いこと音楽というメディアにもシンギュラリティの到来を暗示しているかもしれない。

魔法少女の系譜

-村社会と都市伝説-

*リアリティについて

 記者会見やテレビ番組にある嘘が見抜かれやすくなった今。テレビ番組やドキュメンタリー映画の本当の虚実は我々には知り得ない。

 「事実を積み重ねることが真実につながるとは限らない」(放送禁止シリーズ)

巡礼と市街劇(未完成)